エッコロ制度

 昔はちょっと困った時など、ご近所に気軽にお願いできる関係性がありました。しかし、現在ではその関係性も希薄化してきています。

 家族形態の多様化や夫婦共働きなど、様々な背景から子育てや介護が社会化し、さらには商品されてきました。今後、いっそう進むであろう少子高齢化社会に向け、困ったときにお願いできる身近な人の存在は欠かせないものとなっています。

■エッコロ制度とは

 エッコロ制度は「ケア」を制度化したしくみです。

 エッコロ制度は地域内の顔の見える関係性でのたすけあいを促進するために、みんなが少額のお金を出し合って制度化しています。

 ”私”が「助ける人」にも「助けられる人」にもなり、誰もが当事者になるしくみです。今「助ける人」になることが、将来の自分を「助けてくれる人」と「それを支えるしくみづくり」につながるといえます。

 制度内容を見ると、組合員が支え合う「組合員活動保障」と、日常的な生活を支え合う「日常生活保障」に大きく分類されれいます。みんながエッコロ制度を使うことで、たすけあいの関係性を築いていかれるように、時代背景に沿いながら2年に1度、制度の見直しをおこなっています。

■エッコロ制度が目指すもの

 エッコロ制度を使ったたすけあいは、いままでは主に班内の関係性の中でおこなわれていました。しかし、班や地域の人間関係の変化や就業率の高まりなどから、身近な人だけでたすけあいをすることが難しくなってきました。今後は身近な関係性だけでなく、班を超えて支部全体にたすけあいの関係を広げられるような、新しいしくみづくりも目指しています。

<エッコロ制度申請書>

 エッコロ制度の申請書は下記からダウンロードできます。印刷をして使用してください。

※下記の申請書は2014年7月1日以降に発生した事由の申請のみとなっています。2014年6月30日以前に発生した事由の申請はお手持ちの旧エッコロ制度ガイドブック(2010年新制度改訂版)をコピーしてご使用ください。申請の際にはエッコロ制度ガイドブック内の説明を必ずご確認ください。

番号 事由 ダウンロード
1 加入者の組合員活動を支えるためのケア
2 支部等の組合員活動を支えるためのケア・集団託児(班会時を含む)
3 加入者本人および同居家族が活動中に不慮の事故で入院・負傷したときのケア
4 障がい・慢性持病・高齢による加入者のための共同購入に関わる活動のケア
5 加入者本人および同居家族が活動中に不慮の事故で入院・負傷したとき
6 活動中の自転車・バイク・自動車の盗難
7 活動中に自動車事故(自損事故)で修理代がかかったとき(自動車・バイクの事故も含む)
8 配達当日の共同購入品の破損
9 配達当日の共同購入品の動物による被害
10 共同購入品および班備品の盗難
11 活動費(班活動費・支部活動費)等の盗難または火災・自然災害による消失
12 加入者の責任で活動中に対人および対物事故が発生したとき(自動車・バイクの事故は含まない)
13 共同購入品の配達または預かりケア
14 加入者本人が出産するときのケア
15 加入者本人が事故・病気で入院または通院・自宅療養したときのケア
16 家族が急病・事故で入院・通院または自宅で療養したときのケア
17 自宅介護をしているまたは介護を必要としている加入者を支えるためのケア
18 加入者の居住する住宅が火災により被害を受けたときのケア
19 加入者の家族の葬儀時のケア
20 加入者本人が事故・病気で入院したとき
21 加入者本人が死亡したとき
22 加入者が満60歳・満70歳・満80歳・満90歳・100歳になったとき
23 子どもが生まれたとき
24 障がい・慢性持病・高齢による加入者のための「日常生活でちょっと困ったとき」のケア
25 加入者の出産による検診または子供の3歳児検診までのケア(予防接種を含む)
26 学校(保育園・幼稚園を含む)の行事(授業参観・音楽会等)参加のためのケア
27 加入者本人が健康診断を受けたとき
  • はじめての方へ
  • 生活クラブ長野公式facebook
  • クラブステーションわい和い
  • クラブステーションわい和い

ページの先頭に戻る